「ユニクロの服を着ている人はスタンドアップ。こういう人が、選考の第1候補だ」

2月8日、東京・六本木のミッドタウン・タワー。カジュアル衣料大手のユニクロやジーユーを傘下に持つファーストリテイリングの東京本部で、新卒採用イベント「ユニクロ・ジーユー希望塾」が開かれた。同社の柳井正会長兼社長が開口一番こう語りかけると、800人弱の学生たちで埋め尽くされた会場は、どっと沸いた。

「世界一へ。グローバルリーダー募集」と大書された採用パンフレットには、多くの社員たちの笑顔が並ぶ。「入社1年半でフランスに赴任」「バングラデシュでソーシャルビジネスを起業」といった内容に、学生たちは目を輝かす。

だがこの日のイベントでも、採用パンフレットでも、決して明かされなかった事実がある。この数年間、ユニクロの新卒社員の3年内離職率は実に5割前後で推移している。


このニュースの関連画像
uniqlo29
uniqlo23
uniqlo31
niqlo16
uniqlo34
uniqlo32
uniqlo27
uniqlo26
uniqlo28
uniqlo25
uniqlo21
uniqlo22
uniqlo24
uniqlo9
uniqlo15
uniqlo20
uniqlo13
uniqlo12
uniqlo10
uniqlo11
uniqlo9
uniqlo8
uniqlo7
uniqlo6
uniqlo4
uniqlo1
uniqlo2
uniqlo3
niqlo19
niqlo18
niqlo14