NASAは12日のアメリカ・ワシントンでの会見で「私たちは、火星が生命の存在に十分適した環境だったことを発見した。水があったとしたら、それを飲むこともできたと思う」と述べた。

また、探査機が調べた周辺にはかつて川や池などの水が存在したとみられ、微生物が生存できる環境だったという。


動画元:CNN
【要約文】
女子アナ: 「NASAの探索ロボット"キュリオシティ号"がまた驚くべき発見をしました。なんと川が流れていた痕跡をしたのです。なぜ川がそこに流れていた事がわかったのでしょうか?チャドさん、解説お願いします。」
チャド:「その理由はキュリオシティー号が発見した”石”にあります。発見した石はただの石ころでは無く、角が全く尖っていなく、丸っこかったのです。写真で比較してみましょう。左の画像は火星の石の画像で、右の画像は地球のユタ州の石の画像です。見てわかる通り、形がかなり類似しています。上流にある石は尖っていて角張っていますが、下流に流される過程で、石と石がぶつかり合って削られる事に寄ってまるっこくなって行きます。また違う画像ですが、地球の川の後の画像です。見てわかる通り、ここにある石たちは丸っこいです。なのでここに川が流れていたのは明白だと言う事です。」

このニュースの関連画像
mars10
mars4
mars3
mars6
mars7
mars8
mars9
mars5
mars
mars1
mars2
mars11
mars13
mars12
mars14