ひと晩をマクドナルドで100円で眠る人〈マクド難民〉がいる一方で、ひと晩で100万円飲む男がいる。ネオヒルズ族と呼ばれる与沢翼氏の目には、〈マクド難民〉はどう映っているのか。作家の山藤章一郎氏がインタビューした。

毎月3000万円以上遣う六本木の男・与沢氏に〈マクド難民〉を知っているかと訊いた。

「知ってますよ。でもこんなこというと、めちゃくちゃ批判浴びますけど、クソですね。……自分がね、全く同じようにクソだった時代があるから。  コンビニやサイゼリヤの前でたむろして、脅しやナンパ、くっだらないこと朝までやって。ワープアの人全部がそうではないのはきまってるけど、ぼくがクソだった時代と同じで、彼らは夢とか目標がなく、惰性で生きてるんです。そこから這い上がらないと、本当にクズになっちゃう」(与沢氏・以下「」内同)

──ハローワークに毎日通って、みなさん職をさがしていますが。

「しかし、安いながらバイトやってればそこそこ食える。彼女もいるし、まあ幸せだと。そういう奴が圧倒的に多いんです。それでいいのか。目を覚ませ、いちどショック受けて自己否定してみろよ。プライドなんかあったらそれ消せよって、強くいいたい」

──格差がひろがっています。

「社会のせい、会社のせいにしない。自分自身のできることは何かを考える。〈マック〉で眠るより、100社でも200社でも受けたらどうか。1社でもひっかかったら、そこはなんらかの経済性で成り立っている組織です。学べることがきっとある。『仕事がない』とへたれをいううだつのあがらないオッサン、若いフリーターには心を入れ替えてもらいたい。


このニュースの関連画像
マクドナルド難民vs与沢翼4
マクドナルド難民vs与沢翼
マクドナルド難民vs与沢翼3
マクドナルド難民vs与沢翼5
マクドナルド難民vs与沢翼2
マクドナルド難民vs与沢翼1
マクドナルド難民vs与沢翼6
マクドナルド難民vs与沢翼7