<「インタビューを受けている本田は普通じゃない表情をしていました。右目は瞳孔が開いたかのように見開いており、逆に左目は沈んだように光が薄い。眼力が売りだった彼の精彩のない表情に驚きました」>

『週刊文春』で本田圭佑(CSKAモスクワ)をよく知るJリーグ関係者がこう語っている。3月26日(2013年)に行われたブラジルWC最終予選のヨルダン戦で、日本代表は格下相手に敗れ去った。コンディシヨン不良のため代表未招集となっていた本田不在の穴が大きいことを浮き彫りにした。 3月25日に放送されたNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出た本田の表情はたしかに冴えなかったが、そこにはこんな「疑惑」があるというのだ。先のJリーグ関係者がこう指摘する。

<「体の頑丈さが売りだったはずの本田が、今年になってから発熱や腹痛などケガ以外の理由でも試合を欠場することが多くなっていた。実はサッカー関係者の間ではこうした体調不良は、彼が受けたレーシック手術の後遺症が原因なのではないかという疑惑が囁かれているのです」>

本田は昨年6月に視力矯正のレーシック手術を受けている。その手術により視力は0.4から2.0に改善され、そこのクリニックの広告キャラクターに起用されている。眼科専門医が本田のテレビ映像を見て、判断が難しいとしながらも、2.0は「過矯正」の可能性があると指摘している。強いメガネをかけると頭痛がするなど、体調に影響が出るのと同じだそうである。

なぜ、眼科医のドクターがレーシック手術をうけないのか。
なぜ、眼科医は視力が落ちると眼鏡をかけるのか。つまりそういうこと。(Cero)

関連ニュース
本田手術!近視矯正レーシックで2.0

このニュースの関連画像
BGS-NBUCMAAuC0p
本田圭佑もレーシック後遺症1
本田圭佑もレーシック後遺症3
本田圭佑もレーシック後遺症
本田圭佑もレーシック後遺症2