激化するジャニー喜多川社長の“後継者争い”をめぐって、あるグループの“ポジション”に変化が訪れているという情報をキャッチした。

「年末は、恒例のカウントダウンライブ以上に、『NHK紅白歌合戦』への出場が重要視される」(広告代理店関係者)といわれるジャニーズ事務所所属のタレントたちだが、今年の『紅白』に関して、TOKIOの出場が危ぶまれているというのだ。

「昨年は、ジュリー派の嵐が3年連続で『紅白』司会を務め、さらに関ジャニ∞の初出場も勝ち取るなど、大活躍を見せました。しかし今年は、対抗馬であるSMAPチーフマネジャー・飯島三智氏の躍進が予想されています。最たるものがKis-My-Ft2の冠番組の制作ですが、さらに今年はSMAPで『紅白』司会を狙っているとのうわさも。それにより、今年はTOKIOの『紅白』出場が危険視されているらしいのです」

TOKIOさんの歌にはいつも元気もらえるので頑張って欲しいですね。(Motor)

このニュースの関連画像
TOKIOの紅白出場
TOKIOの紅白出場
TOKIOの紅白出場
TOKIOの紅白出場