オジサンが40人もの少女とタダで関係を持ち、その様子を動画に撮った上で日記風に綴りブログに掲載。少女たちは「悩みを聞いてくれる優しい人」と彼を評して、自ら身体を投げ出すように抱かれていた実体が明らかにされた。

強姦などの容疑で逮捕された北九州市の無職、井上貴志容疑者(42)を、被害者の少女10人を特定した大阪府警が最終送検したのは3月30日。「井上容疑者が関係を持ったのは12~15歳までの少女。その子たちは全員、カネをもらわず関係を持っています。きっかけは、ほとんどの場合が、井上容疑者のブログへの書き込み。少女たちが悩んでいる様子がわかると、『一人で悩まないで。人生の先輩として相談に乗ってあげようか』と声をかけていたのです」(捜査関係者)

「井上容疑者には定職はないが、彼は少女たちに会うためには全国どこへでも出掛けた。立件された10人の少女は大阪、東京、沖縄など7都府県にまたがり、現地でレンタカーを借りて少女を乗せラブホテルへ行き犯行に及んだ。そして事が終わった後には必ず、当日の少女の様子や胸の形、陰部の佇まい、触った時の身体の反応など、事細かに日記に書き綴っていたのです」(同)

井上容疑者の自宅から押収されたパソコンには、少女50人の裸の写真約6000枚と、ポルノ動画が50本も保存されていたという。

保護された少女たちに言わせれば、「いいオジサン」だったという井上容疑者。

最近の女の子にはもっと貞操を守って頂きたいですね。(Motor)

このニュースの関連画像
井上貴志容疑者(42)
井上貴志容疑者(42)