契約金1億円で視聴率1%台なんて、冗談にもなりません。番組名もセンスがなさすぎました」(在京民放ディレクター)放送開始直前、大塚範一キャスターの白血病再発が報じられ、図らずも注目された平日午後の生情報番組『アゲるテレビ』(フジテレビ)が早くも打ち切りの危機に瀕している。

番組は、茶の間の主婦の気分を“アゲアゲ”にする最新や最先端の情報を紹介する触れ込みだった。 「それがちっともアゲアゲにならない。元凶は、同局の中村光宏アナと共にMCを務めているフリーの西尾由佳理(35)。高額ギャラなのに、まったくヤル気が感じられません」(放送担当記者)

日本テレビの局アナ時代から「残業したくないと言い切る」「付き合いが悪い」と有名で、陰で“クールビューティー”と呼ばれていた西尾。「大塚さんの白血病再発が判明する前のこと。彼女は打ち合わせで信じられない態度を見せていました。資料をほとんど開かず机に置いたまま、なんと、ずっとスマートフォンをいじっていたんです。音を出してゲームをしていることもあった。さすがに、大塚さんが注意したときは渋々手を止めていましたが、つくづく超マイペースな女だと思いました」(制作スタッフ)

しかし、叱り役の大塚キャスターが再び休養を余儀なくされると、西尾の態度はますます悪化。「トイレでスタッフと会っても無視。台本を読まずに本番に入り、その場で適当にしゃべることもあるそうです。中継との会話が成り立たなくなってもお構いなしのようです」(芸能記者)

これでは、低視聴率も仕方のないところだが、西尾は相変わらず。「『企画が焼き直しばかりで新鮮味がないのよねぇ』と、他人事のように話しているようです。また、『次は女優でもやろうかしら』と漏らしているというのですから、いい心臓しています」(テレビ局関係者)

モチベーション下がっちゃってますね。
最近男に振られちゃったんですかね。(Motor)

このニュースの関連画像
西尾由佳理のアゲるテレビ
西尾由佳理のアゲるテレビ
西尾由佳理のアゲるテレビ
西尾由佳理のアゲるテレビ
西尾由佳理のアゲるテレビ
西尾由佳理のアゲるテレビ
西尾由佳理のアゲるテレビ