元プロ野球阪神タイガースの金本知憲氏(45)が13日、さいたま地裁で、1億円以上をだまし取られたとされる詐欺事件の公判に証人として初出廷し、少なくとも計8億円近くを被告に振り込んだことを証言した。返金されたのは約800万円だけ。親友と思っていた相手に裏切られ、プロ野球関係者では前代未聞の巨額被害に、「バカだったなと思う」と振り返った。

鉄人が出廷したのは、詐欺罪に問われた無職、本多善光被告(45)の公判。ボートレース団体への預託金名目などで金本氏から1億円以上をだまし取ったとされるが、起訴に至っていない分を含めた真の“被害額”は、さらにとんでもなくビッグだった。

証言によると、2004年ごろから09年末までの間に計8億円近くを振り込み、返されたのは約800万円だけ。10年1月、電話で詰問した金本氏に本多被告は「うそでした。銀座で使いました」と認めたという。

金本氏「いつ引退するか分からないので、引退後も収入を得られると思い、魅力的だった」「(ボートレース場の)清掃や警備、売店などの権利を任せると聞いていたので、プロ野球の後輩や、身内の就職先にもなると思った」

本多被告から「キンちゃん」と呼ばれ、親友だったとし、「一番の親友という思いを裏切られた。期間と金額も相当なもので許し難い行為」「できるだけ重い処罰を望みます」と語った。

本多被告はこれまでの公判で、「(金本氏から)振り込みを受けたことは事実だが、だますつもりはなかった」として起訴内容を否認。同被告はボートレースの場外発券所を建設する会社(東京)の元役員で、起訴状によると06~09年、10回にわたりボートレース団体への預託金や農地取得名目などで、金本氏から計約1億1700万円を詐取したとされる。公判では金本氏が広島カープ時代に知り合ったといい、引退後に事業をしたいと考えていた金本氏から出資を受けるようになったと説明している。

金本氏が計8億円近くを振り込んだと証言した2004年から09年までの年俸総額は、24億3000万円。内訳は04~06年がそれぞれ2億6000万円、07~09年がそれぞれ5億5000万円だった。

あくまで参考だが、一般的なモデル試算によると、年俸5億5000万円の人は所得税2億502万円、住民税5195万円などを引かれ、手取りは2億6864万円。同様に年俸2億6000万円の人は手取り1億2480万円で、6年間の手取り合計は12億4968万円となる。8億円は、そのほぼ3分の2にあたる。

お金で友達を失ってしまうのは悲しいですね。(Motor)

このニュースの関連画像
アニキ金本知憲が8億円詐欺被害
アニキ金本知憲が8億円詐欺被害
anアニキ金本知憲が8億円詐欺被害iki1
アニキ金本知憲が8億円詐欺被害
アニキ金本知憲が8億円詐欺被害