一部週刊誌で女性への暴行が報じられた歌手のGACKTが15日、自身の公式ブログで同報道を完全否定し、「これはボクに対するあきらかな名誉毀損」と怒りをあらわにしている。

GACKTは「またオカシナのが出てきたもんだ」と切り出し、「発想が奇抜というか…、よくもまあそこまで話作れるよなって怒りを通り越して顎が地面に落ちるほど呆れた。記事の内容はまるでエロ官能小説タッチだ。それもアホすぎて笑った」と同報道を一蹴。さらに「大体、ボクが数年前に暴行や監禁、レイプをしたのが事実なら、警察も動いてすぐに逮捕されてんだろう?」と不快感をにじませている。

被害者とされる女性からは1000万円を要求されていたと告白し、「弁護士を通して、『そんな事実無根なことにカネを払うわけないだろう!!!』と返答したらそこから一切連絡もなく、蓋を開けたら週刊誌って…、何だコレ? しかも記事には謝罪を求めてるだけだとか? おいおい、真っ先に金銭要求して来ただろう、オマエら」と内情を明かしている。

また、「ボクは嫌がるオンナを縛りつけて欲求を満たさなきゃならないほど、まったくもってオンナには困ってな~~い!!!!」と反論し、「この国の腐った風潮に一石投じたい。真っ向から闘う芸能人が一人くらいいてもいい。それで潰されるならそれもいいだろう」と真っ向から闘う姿勢ものぞかせている。

個人事務所とは言え、色々な権力者と繋がってんだから
このまま男らしく正々堂々と戦って欲しいですね笑(Cero)

このニュースの関連画像
gackt
gackt1
gackt2