自身のツイッターやブログで不適切な発言を繰り返し、批判を集めて知名度を上げる手法を「炎上マーケティング」などと呼ぶが、それをまんまとやってのけたバンドのベーシストが現れたようだ。

それは高田雄一さん(36)で、国民的マンガ「ワンピース」の悪口を書きツイッターを「炎上」させた。釣られたネット民は最初、高田さんが何者か分らず経歴などを調べる作業が行われた。炎上すると高田さんは自身のバンドのコンサートスケジュールやメンバーの紹介を始め、「炎上王に オレはなる」などと勝利宣言をした。

高田さんは中高生を中心に高い人気を得て08年に活動を休止したロックバンド「ELLEGARDEN(エルレガーデン)」のベーシストとして活躍し、現在はメタルバンド「MEANING」のベースを担当している。

そんな高田さんが13年5月13日に自身のツイッターでいきなり、「少年ジャンプを買うのは高校生以来です。 ワンピースのとこ破って燃やそ」とつぶやいた。フォロアーから「ワンピース」なぜ嫌いなのかと問われると、「鳥山劣化版」と答えた。この鳥山というのはマンガ「ドラゴンボール」作者の鳥山明さんのことだ。

高田さんのツイッターには「ふざけんなよ!!ファンと尾田栄一郎先生に謝れ!!」「ライブ中に発煙筒投げてステージ上で叩っ殺すぞ? ※ガチ」「炎上しろ糞!お前をディスってやっか?」などといった批判が集中し「炎上」してしまった。

高田さんはこれに対し、「お前もやったろか。」「今日も相手してやんよ クソニートども」 などと応戦し、騒動がさらに広がることになった。

炎上王ってなんの王様なんですかねw(Motor)

このニュースの関連画像
元ELLEGARDEN現MEANINGベーシスト高田雄一炎上
元ELLEGARDEN現MEANINGベーシスト高田雄一炎上
元ELLEGARDEN現MEANINGベーシスト高田雄一炎上
元ELLEGARDEN現MEANINGベーシスト高田雄一炎上
元ELLEGARDEN現MEANINGベーシスト高田雄一炎上