大阪府が管理する民間の社会的養護関係施設で、アルバイトの20代女性が平成23年9月~24年5月、入所していた当時18歳未満の男子高校生2人に、キスや性行為などの性的虐待を加えていたと、大阪府が17日発表した。女性は24年6月に懲戒解雇された。

社会的養護施設は、保護者のいない児童らを養育する施設。府子ども室によると、女性は23年4月からアルバイトを始め、入所児童の衣服の洗濯、炊事など身の回りの世話をしていた。

しかし、23年9月~24年5月に複数回、男子高校生を自宅に呼び寄せ、キスをしたり、胸や下半身を触ったりするなどのわいせつ行為を繰り返したという。

男子高校生が女性との関係を別の職員に話したことから問題が発覚。施設の報告を受けて府が調査に乗り出し、女性と男子高校生への聞き取りを続ける中で、別の男子高校生への性的虐待も判明した。

この男子高校生によると、女性は24年5月の深夜、施設内で男子高校生と性行為に及んだという。話の内容が詳細かつ具体的で、府は事実と判断した。

ただ、2人とも「女性からの無理強いはなかった」と話しており、被害感情や処罰感情が薄いことから、府は刑事告発については見送る方針。

男子としては夢(と股間)が膨らむ話しだけど
青少年保護育成条例違反。完全にアウト。(Cero)

このニュースの関連画像
青少年保護育成条例違反2
青少年保護育成条例違反1
青少年保護育成条例違反