飲食店を装い、客にダンスをさせるなどしたとして、警視庁生活安全特別捜査隊は26日、風営法違反(無許可営業)容疑で、東京・六本木のクラブ「バニティー・レストラン・トウキョウ」の30代の経営者ら男3人を逮捕した。いずれも容疑を否認している。

クラブなどの店内で飲食物を出し、踊る場所を提供する「ダンスホール」は風営法に基づき、各都道府県の公安委員会の許可が必要で営業時間は午前1時までに制限されている。

バニティーは時間制限のない「飲食店」として届け出をしており、警視庁は夜通し営業するための偽装工作とみている。店の出入り口には「ダンス行為禁止」の看板を掲げていた。逮捕容疑は、26日未明、都公安委員会の許可を得ないで店内にDJブースなどを設け、客にダンスをさせ、酒などを提供したとしている。

クラブは、風営法で規制された午前1時以降もダンスの場を提供するため、飲食店として届け出る脱法業態として拡大。摘発を強化する警察当局に対し、一部の音楽家らが規制緩和を求める15万人分の署名を国会に提出し、今月20日にはこれを支持する約60人の議連が発足した。

警察当局は時間外のダンス営業そのものより、クラブ側が店外のトラブルを放置する傾向にあることを問題視しており、警視庁幹部は「店の客がトラブルに関与しているならば、何らかの対策を考えるべきだ」と強調している。

六本木を管轄する麻布署では、脱法クラブの営業時間と重なる午後10時~午前8時に110番通報が集中。今年1~4月には2149件で全体のほぼ半数を占めており、バニティーが入居するビル周辺に限っても125件寄せられた。

バニティーと同じビル内のクラブでは昨年9月、男性客が暴走族OBグループに暴行を受けて死亡する事件が発生。直後に無許可営業で摘発され、閉店した。バニティーは今年2月、店名を「ラウンジ」から「レストラン」に変更しており、摘発を警戒して偽装営業を続けた疑いがある。

学生にも、チャラ男にも、ビッチにも大人気のVANITY。
何回も関係者逮捕されてるしFLOWERは閉鎖したのに、閉鎖しないんですね。(Motor)

このニュースの関連画像
六本木VANITY(バニティー)風営法違反、逮捕
六本木VANITY(バニティー)風営法違反、逮捕
六本木VANITY(バニティー)風営法違反、逮捕
六本木VANITY(バニティー)風営法違反、逮捕
六本木VANITY(バニティー)風営法違反、逮捕
六本木VANITY(バニティー)風営法違反、逮捕
六本木VANITY(バニティー)風営法違反、逮捕