<女らしい気持ちになりたいときにTバックを履くことも。気持ちがぎゅっと引き締まります> いや〜、驚いた!発売中の女性ファッション誌『ar(アール)』6月号(主婦と生活社)で、あの長澤まさみ(25)が突然の”食い込みエロ尻宣言”をしているのだ。

「表紙からすごいです。超ミニスカ姿の長澤さんが、ヒップを突き出す挑発ショット(写真参照)”長澤まさみの可愛いカラダ!!”という特集では、スラリと伸びた美脚や、谷間もあらわな美しいショットを大サービス!大反響を呼んでいます」(書店員)

インタビューでも、25歳の女性として等身大の本音トークをブチかます。爆弾告白は、冒頭の”Tバック”の話だけではなく、<プリっとしたお尻が大好きです!>と、”尻フェチ”であることも告白したばかりか、<ドレスやTシャツは、ツンと(胸の)高さが出たほうがステキ!>と、自慢のFカップ乳の見せ方の極意をサラリと明かし、さらにさらに、<毎日、お風呂上りに鏡でボディラインをチェックしていて・・・><お風呂上りは、毎日欠かさずに全身にボディクリームを塗ります>と、赤裸々トーク全開!

こうした長澤のエッチな異変は、一昨年公開の映画『モテキ』出演と前後して指摘され始めた。「『モテキ』で長澤が演じたのは、男性関係に奔放で、年上の妻帯者と不倫中の雑誌編集者。ノーブラにTシャツ、ホットパンツ姿で、モテない主人公を誘惑するんです。Fカップ乳をTシャツの上から大きく揉まれ、ディープキスはもちろん、口移しで水を飲ませるシーンにも挑戦しました」(夕刊紙デスク)

昨今の”エロ進化”においても彼の存在は大きい。「頭も顔もいい”完璧イケメン”の伊勢谷は当然、モテモテ。これまで、広末涼子、浜崎あゆみ、木村佳乃、麻生久美子、常盤貴子と浮名を流してきたように、アグレッシブで有名ですからね」(前出・芸能記者)では、色男の寝技は、いかほどのものなのか!?「かつて『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、"AVは企画で選ぶ"と話していましたから、ベッドに多種多様なアイデアを持ち込むはず。彼と付き合い始めて、長澤のエッチのバリエーションも増えているに違いありませんよ!」(全同)

エロ進化が止まらない長澤の本格濡れ場・・・もうすぐ見られる!?

すごい。すごすぎる。(Motor)

このニュースの関連画像
おしりフェチ長澤まさみ

おしりフェチ長澤まさみ
おしりフェチ長澤まさみ
おしりフェチ長澤まさみ
おしりフェチ長澤まさみ
おしりフェチ長澤まさみ
おしりフェチ長澤まさみ
おしりフェチ長澤まさみ
おしりフェチ長澤まさみ