米アップル共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏らが同社初のコンピューターとして売り出した「アップル1」がドイツのケルンで競売にかけられ、予想を上回る67万1000ドル(約6840万円)で落札されたことが29日までに分かった。

アップル1は200台製造されたが、現存するのは50台足らず。出品されたのはこのうち稼働するわずか6台中の1台で、予想落札価格は40万ドルとみられていた。

競売業者オークション・チーム・ブレカーのウヴェ・ブレカー氏によると、落札者は東アジアの人物で、匿名を希望している。

同社の競売には昨年11月にも同様のモデルが出品され、64万ドルで落札された。昨年米サザビーズで競売にかけられたアップル1には37万5000ドルの値がついた。10年11月にクリスティーズが開いた競売での落札価格は21万2000ドルだったが、11年にジョブズ氏が亡くなってから価格が跳ね上がったとみられる。

カフェとかにあったらオシャレw(Motor)

このニュースの関連画像
アップル社の最初の作品「アップル1」6800万円で落札
アップル社の最初の作品「アップル1」6800万円で落札
アップル社の最初の作品「アップル1」6800万円で落札