スターバックスは世界中に展開しているコーヒーチェーン店だ。どこの国でも店内は清潔でサービスもいい。海外に行った際、衛生状況がイマイチな国でも「スタバなら安心!」と、利用している人も多いのではないだろうか?

多くの人が信頼して利用しているスタバだが、香港のあるスタバ店舗がトイレの水を使ってコーヒーを提供していたことが判明。トイレの水でコーヒーってどういうことだよ!? しかもスタバが!? 市民からは困惑の声が上がっている。

・外の公衆トイレの水でコーヒーを作る
トイレの水を使ってドリンクの提供をしていたのは、香港にある「スターバックス中銀大廈店」である。地元メディアが撮影した映像を確認すると、確かにスタッフが大きなタンクを持って70メートル先の駐車場にある公衆トイレと店舗を往復している。

トイレの中には男子用小便器からわずか1.5メートルのところに「スターバックス専用水道」とかかれた蛇口があり、そこから採水しているのだ。

・トイレから採水していた理由 → 店舗内に水道設備がないため
なぜこんなことになってしまったのか。それはスターバックス中銀大廈店のなかに水道設備がなかったからだ。そのため、オープン以来2年間ずっとトイレの水を使い続けていたのだという。

・スタバ「店内のろ過設備は完璧なので問題ない」
トイレからの採水が明るみになると、行政は「採水方法も場所も規定違反」であるとして同店に警告を出し、即刻改善するよう要求した。

これを受け、スターバックス香港のスポークスマンは「トイレ内の水道は飲用水である」とし、「水を運ぶタンクも定期的に消毒。加えて店内には最新のろ過システムがあり、水はろ過してから使用していた」と安全性を強調した。

あくまで問題はなかったとするスタバ香港。だが、市民からは「信じられない」、「香港だしスタバだから安心していのに」との声が上がっている。同社も利用者の心情を考慮した結果、今後はトイレからの採水を一切停止し、ボトルの飲用水を導入することを決定したそうだ。

これはショックですよ。本部はなにしてるんですか。(Motor)

このニュースの関連画像
香港スターバックスで2年間もの間トイレから採水
香港スターバックスで2年間もの間トイレから採水