愛知県警の暴力団担当の男性警部が風俗店グループの実質経営者らから脅迫電話を受けたとされる事件で、事件関係者に身を隠すよう指示したとして、同県警は31日、同県弁護士会所属の弁護士城正憲容疑者(65)ら5人を犯人隠避容疑などで逮捕した。

城容疑者は一昨年6~7月、グループ店の元店長の男(43)が脅迫事件に関与していると知り、逃走させようと計画。元役員の男(38)に指示して、逃走資金用の現金300万円や、他人名義で不正取得した携帯電話を元店長に渡して、逃亡させた疑いが持たれている。

元店長と元役員は、グループの実質経営者、佐藤義徳被告(55)(脅迫罪などで起訴、公判中)と共謀し、警部に脅迫電話をかけたとして逮捕された。元店長と元役員は処分保留となっている。

公判中の脅迫事件があるから周辺関係者ひっぱって外堀を埋めるのかな。(Cero)

このニュースの関連画像
名古屋風俗グループ(ブルー系列)
城正憲