周りから見ればジェイメン・シャイヴリー(Jamen Shively)氏のキャリアは、すでにいいものであったように思えるかも知れません。彼は6年間マイクロソフトで執行役員を務め、その後独立して 、高級食品のオンライン市場を立ち上げた実績の持ち主です。

しかし、先週木曜日にマリファナがワシントン州で合法になったことに比べれば、全てがかすむと言います。「今が、自分のこれまでのキャリアの中で最も心躍る瞬間ですね」

単に家でマリファナが吸えるようになったからではありません。彼が喜んでいるのは、禁酒法が廃止された時のように、この瞬間が「禁大麻法の廃止の始まり」で、彼がCEOを務める高級マリファナ販売会社「ディエゴ・ペイセール(Diego Pellicer)」の始まりでもあるからです。

アメリカで禁酒法が廃止された時には、素早く動いたアンハイザー・ブッシュ(バドワイザーの製造元)などの醸造所が世界的企業に発展しました。これから500億米ドル(約4兆円)産業に発展する可能性もあると言われる大麻業界で、彼はそうした過去の先駆者や同じシアトル出身のスターバックスのように、「誰もが知る先駆けブランド」になるべく世界的なリテール進出も夢見ています。

うんちブラウザとかの事業よりよっぽどいい。(Cero)

このニュースの関連画像
ジャメンシブリー3
ジャメンシブリー2
ジャメンシブリー
ジャメンシブリー1