脅迫の疑いで神奈川県警戸塚署に逮捕されたサッカー元日本代表の奥大介容疑者の妻で女優の佐伯日菜子が、以前から知人にも、おびえた様子で夫への恐怖を相談していたことが分かった。

奥容疑者は日本代表としても活躍したスター選手だったが、2006年に横浜F・マリノスから戦力外通告を受け、翌年に横浜FCへ移籍も同年限りで引退。その後は指導者として活動していたが、この1月に「体調不良」で退職していた。かつて所属していたチームの関係者によると「30代前半で動きが明らかに落ちていたんですが、『オレは負傷さえなければ40まで動ける』とは言っていた」という奥容疑者だけに、無念の引退となったイラ立ちからDV夫となってしまったのだろうか。

「普段は優秀な指導者なんですが、何かの拍子に急に激しく怒りだすことがあって、周囲で彼のことを避ける人がかなり増えていました。情緒不安定の原因は分かりませんが、今回の逮捕を聞いて驚くよりも“家庭でも暴発していたのか”と思いました」(横浜FC関係者)

本来なら業界で尊敬される立場にある奥容疑者だったが、自身の言動から孤立を深めたせいなのか、最近は地元の兵庫県で、お好み焼き屋の店員に転身していた。

何かを成し遂げて、燃え尽きた人程DVしてしまうような。
過去の栄光にすがるのは良くないですね。(Motor)

このニュースの関連画像
サッカー元日本代表・奥大介がDV容疑で逮捕
サッカー元日本代表・奥大介がDV容疑で逮捕
サッカー元日本代表・奥大介がDV容疑で逮捕
サッカー元日本代表・奥大介がDV容疑で逮捕
サッカー元日本代表・奥大介がDV容疑で逮捕
サッカー元日本代表・奥大介がDV容疑で逮捕
サッカー元日本代表・奥大介がDV容疑で逮捕