「父親が三井財閥の大株主なので、現金を預けてくれれば利息をつけて返す」とうその話を持ちかけ、現金をだまし取ったとして、兵庫県警生活経済課は12日、島根県浜田市の無職、新井(にい)紀代美容疑者(65)を詐欺容疑で逮捕した。「(兵庫県芦屋市の高級住宅街)六麓荘に実家がある」「軽井沢に別荘がある」などと偽り、裕福だと信じ込ませていたという。県警は同様の手口で2002年からの9年間に、数十人から総額約2億円を詐取したとみて調べる。

逮捕容疑は、09年8月、姫路市の60代の主婦に対して「私は三井財閥の娘で、父親とおじが三井グループの大株主だ。いい利息がつくので現金を預けて」と持ちかけ、現金500万円をだまし取ったとしている。

新井容疑者は当初、この主婦から現金300万円を預かり、利息分を上乗せしたとして500万円にして返還。再び利息がつくと信じ込ませ、500万円を預かったまま返還しなかったという。

新井容疑者と以前の勤務先で知り合った女性(64)が被害者との間を仲介するケースが大半で、9年間で総額約3億5000万円を預かり、約1億5000万円は利息として還元していたという。

相当口が達者だったんですねw(Motor)

このニュースの関連画像
mitui2
mitui1
mitui