東京・六本木のクラブ「バニティ レストラン トウキョウ」の無許可営業事件で、東京地検は14日、風営法違反罪で、運営会社の小原健社長(31)と同社を略式起訴した。東京簡裁は同日、小原社長に罰金50万円、同社に罰金100万円の略式命令を出した。

同法違反容疑でともに逮捕されたクラブのDJら従業員2人は、関与が従属的だとして不起訴処分となった。

起訴状などによると、小原社長は5月26日未明、クラブの実質的経営者で韓国籍の金柄徹容疑者(32)=同容疑で逮捕=らと共謀し、風営法の営業許可を受けずにクラブ内にDJブースなどを設けて客にダンスをさせ、飲食させたとされる。

これくらいが妥当だろうね。雇われ社長もこれくらいのリスクなら文句ないでしょ。(Cero)

このニュースの関連画像
六本木バニティ