尿を小学校付近の路上にまき散らしたとして、京都府警山科署は15日、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで京都市山科区、職業不詳、李実男容疑者(39)を逮捕した。同署によると、「尿が出るたびに容器にためていた」と供述しており、動機などを調べる。

逮捕容疑は14日午後8時ごろ、同区の市立西野小学校近くの路上で、約50メートルにわたって糞(ふん)尿の臭いがする汚水をまき散らし、廃棄したとしている。

山科署によると、住民の110番で署員が現場に駆けつけたところ、李容疑者は汚水を入れていたとみられる容量18リットルのポリタンクと、別の小型の容器を所持。署で任意の取り調べを行った際もトイレに小型容器を持ち込み、尿を入れていた。現場付近では今月、同様の不法投棄事件が3回相次いだといい、同署は関連も調べる。

こんなの韓国では日常茶飯事かな。(Cero)

このニュースの関連画像
小便まき散らし