人気モデルで女優の西内まりや(19)が、8月10日スタートのフジテレビ系「山田くんと7人の魔女」(土曜後11・10)で地上波ドラマに初主演することが15日、分かった。

ドラマ「山田くんと7人の魔女」の原作は、2010年にドラマ化された「ヤンキー君とメガネちゃん」で知られる漫画家、吉河美希氏の同名漫画。キスで特殊能力を発動する魔女7人と学園一の問題児・山田竜(山本)が織りなす、ちょっとHな学園青春ラブコメディーだ。西内は学園一成績優秀&クールな生徒で、キスした相手と心と体が入れ替わる能力を持つ白石うららを演じる。

西内はこれまで、人気漫画を実写ドラマ化した「スイッチガール!!」シリーズでオンとオフを使い分ける女子高生を体現。その演技力に加え「自分の考えをしっかり持った役柄と同じ思い切りの良さ感じた」(編成担当者)と評価され、主演に抜てきされた。

西内と山本は昨年のフジ系「GTO」に出演しているが、本格的に共演するのは初。互いの印象について、西内は「面白くて現場を明るくしてくださる。すごくキスが多いので最初は不安でしたが安心しました」と笑顔。一方、山本は「19歳なのにしっかりして頼りになります」と信頼を寄せた。

同作の魅力はやはり、キスシーン。放送時間の45分間に、山本とほかの魔女のキスも含めて10回近くに及ぶことも。

数日前に男友達とキスの練習をしたという山本は「これまで3~4作品でキスシーンがあったけど、オンエアされたのは1回だけ」と告白。

それを聞いた西内は「カットされないように頑張りましょう」と励まし、「さわやかなキスができたら」と笑顔を振りまいた。

モデルから女優へと転身。活躍してますね。(Cero)

このニュースの関連画像
西内まりや3
西内まりや4
西内まりや2
西内まりや1
西内まりや
西内まりあ