perope

こんにちは、大NEWS下っ端管理人のmotorです。
本日はB級雑誌でよく使われる「ペログリ」という言葉について調べてみました。

私が調べてみたところ、どうやら「ペログリ」の語源は新党日本の〝田中康夫〟から来ているみたいなのだ。

ペログリの意味はズバリ、女性を「ペロペロ、グリグリ」することである。田中康夫氏が自ら作った造語である。

週刊SPAで連載されていた、ペログリ日記に出てくる「PG」という言葉。これが意味するのは女性との〝セックス〟である。その際に、女性のアソコを「ペロペロ、グリグリ」する行為を省略して、「PG」と表現しているのである。その根拠として以下の文章を引用させて頂きました。

【田中康夫氏結婚】お相手は「ペログリ日記」の“W嬢” 出会いから9日でPG… 2010.11.2 13:13 新党日本の田中康夫衆院議員(54)と入籍した女性(44)は、田中議員が雑誌「週刊SPA!」に連載している 「ペログリ日記」で、「W嬢」として、たびたび登場していた女性だった。入籍直前の10月4日の同日記には、W嬢の地元、札幌市を訪れたことを明かし、「W嬢の両親と6人で会食」と記している。

4月8日の日記には平成8年11月7日に出会ったW嬢とのなれそめを紹介。「舎弟に当たるN医師が神宮前のとんちゃんなる居酒屋で開催の日航スッチーとの合コンへ、僕に一目会いたいとの奇特な女性も参加するから是非、と請われてほんの5分間」。そして、9日後の16日には「(W嬢と)パークハイ アット東京。(セックスを意味するとされる)PG」などと赤裸々に明かしている。(産経MSNニュース)

こんな卑猥な言葉を、政治家の田中康夫氏が、作るに至った背景にはどんな過去があるのか。

ペログリとはなんともいやらしい響きの言葉である。(Motor)

このニュースの関連画像
pero1
pero
dan