女性器をかたどった石こう模型を販売したとして、警視庁保安課は27日、静岡市清水区、介護施設勤務の男(50)をわいせつ物頒布容疑で書類送検した。出会い系サイトを利用して女性約80人の局部の型を取り、模型を自作。オークションサイトなどを通じて約10年間で50人以上に600〜700個を販売していたとしている。

送検容疑は昨年4月、栃木県小山市の男性会社員(43)に、女性器の石こう模型2個を計3600円で販売したとしている。

保安課によると、男は「女性器の石こうの型を自分より上手に取れる人はいない」と容疑を認めている。出会い系サイトを使って女性に型どりを持ちかけ、関心を持った女性とホテルで会っていた。モデル料は最高2万円で無料の場合もあったという。

男は1980年代に雑誌で女性器の石こう模型を目にして自作を思いつき、特殊メークの専門学校に通って技術を学んだ。1個1500〜2万円で販売し、計320万円を売り上げたが「思ったように売れず赤字だった」という。

このニュースの関連ニュース

女性器アートは「わいせつ」 警視庁が「週刊現代」「週刊ポスト」に警告

女性器をかたどったアート作品の写真の掲載がわいせつ図画陳列罪などにあたる恐れがあるとして、警視庁保安課が、掲載した「週刊現代」(講談社)と「週刊ポスト」(小学館)の両編集部に対し、今後の掲載をやめるよう口頭で警告していたことが21日、同課への取材で分かった。

同課によると、両誌は8~9月、英国の芸術家による女性器をかたどった石膏(せっこう)型の作品の写真を掲載。同課は9月、両編集部に「写真は女性器そのものと変わらず、わいせつ性が高い。両誌は不特定多数が出入りする場所で販売され、影響が大きい」と警告した。

グロマンはアートとして認められないのかな。(Cero)

このニュースの関連画像
女性器アート